メディア情報

メディア情報

ブータンの学校が生徒を助け、骨髄移植に必要な68000ドルを集める


ブータンの14歳の学生、テンジン・トミーさんは、ファンコニー貧血(骨髄不全につながるまれな遺伝性の血液疾患)を患っています。
2018年にこの病気と診断された彼の状態は、今年の初めに悪化し始めました。
しかし、彼が通う学校やブータンの社会が、彼を助けるために名乗りを上げてくれることは、ほとんど知られていませんでした。
政府機関の運転手の息子である Thomey は、ブータンで最も発展していない地区のひとつである ルンツェ(Lhunte) の出身です。
この5ヶ月間、彼は寝たきりの状態が続いていました。また、医師からは骨髄移植を勧められていますが、これは非常に高額な治療であり、家族には手の届かないものです。

彼が学んでいるティンプーの Loselling Middle Secondary School は、彼の病状を知って、何かをしようと決めました。
学校の管理者は、彼の治療費をクラウドファンディングで募りました。
ブータンの内務文化省の承認を得た後、学校の公式 Facebook ページに寄付のお願いを掲載し、さまざまな人たちに寄付を呼びかけました。
目標額は4万8,000ドルでした。
しかし、皆が驚いたことに、48時間以内に寄付額が目標額を超えたため、アカウントを閉鎖せざるを得なくなりました。
6万8,000ドル以上の寄付が集まりました。

「ブータン人全員の支援により、2日間で500万Nu.(約68000ドル)の寄付が集まりました。これはとても意味のあることだと思います。この学校の副校長であるペマ・ドルジは、「目標額を達成した時点で、寄付金募集の口座は閉鎖されました」と全国紙「クエンセル」に語っています。
先生や生徒たちは、病院でも家族を助けてくれています。
「私たちは、できるだけ早く彼をインドに送り、治療を受けさせるつもりです。学校もコルカタの領事館と連絡を取っています」とペマ・ドルジさん。

基金の支出については、学校の教師と父親で構成される合同委員会が結成されています。
ブータンは貧しい国ではありますが、非常に思いやりのある、閉鎖的な社会であることは、今回のケースでも明らかです。
ここ数年、偽の寄付キャンペーンが何度も行われていました。
そのため、社会の信頼を維持するために、政府は募金活動を始める前に承認を得ることを義務化しました。
内務省の法秩序局(DLO)がこのような募金活動を監視しています。

参考:ファンコニー貧血(日本語)

参考:Loselling Middle Secondary School
旧称「Changjiji」と呼ばれるロセリン中学校は、西は国内唯一の高速道路、東はティンプーからルンテンフを経由してシムトカを結ぶ東西の国道という2つの高速道路に挟まれています。
首都の南に3キロ離れている。2005年9月19日に行われた学校の開校式で、尊いジェケンポ法王がこの学校をロセリンと改名しました。
学校は、海抜2300メートルの高さに位置しています。
学校は海抜2300メートルの高地にあり、ティンプーの主要部分を一望することができます。
西側にはティンプー・チューが自然の境界線となっています。
南側はChangjijiの集合住宅に囲まれています。

引用:South asia Monitor 6月14日
『Bhutanese school comes to rescue of student; raises $68000 needed for transplant』


山本けいこ様配信の「Bニュース(http://bhutan.fan-site.net/)」より転載


Tenzin Thomeyさん

ルンツェ県 

ティンプー県

メディア情報TOP

2021.6
2021.3
2021.2
2020.12
2020.11
2020.11
2020.10
2020.9
2020.9
2020.9
2020.8
2020.7
2020.4
2020.4
2020.3
2020.3
2020.3
2020.3
2020.3
2020.3
2020.3
2019.12
2019.11
2019.10
2019.9
2019.8
2019.8
2019.7
2019.7
2019.7
2019.7
2019.7
2019.5
2018.8
2018.7
2018.7
2018.3
2016.11
2016.11
2016.9
2016.2
2015.9
2015.9
2015.8.7
2015.8.3
2015.2
2015.2
2014.9
2014.4
2013.12
2013.10
2013.9
2013.3
2013.1
2012.9
2012.7.18
2012.6.26
2012.6
2012.5
2012.3
2011.3
2011.2
2010.12
2010.8
2010.4
2010.3
2009.12
2009.10
2009.9